「カーボンプライシング・炭素税」学習会のご案内(11/18開催)

今年のノーベル経済学賞は、「炭素税」の導入を提唱したウィリアム・ノードハウス氏(米エール大教授)が受賞しました。日本でも、環境省を中心に導入検討が始まっています。そんな「炭素税」学習会のお知らせです。参加をお待ちしています。

  • 日時:2018年11月18日(日)13時30分〜16時30分
  • 場所:にこぷら新地 https://dt08.org/nicopla/access/
       高津区二子2-6-47、田園都市線二子新地駅・西口から徒歩2分
  • 内容:挨拶 環境省地球環境局 森下哲局長ほか
       講演「地球温暖化対策税の使途と炭素税について」
          環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
       NGOからの提案 認定NPO法人気候ネットワーク 桃井貴子
       など
  • 主催:グリーン連合、認定NPO法人アクト川崎
  • 協力:環境省地球環境局、川崎市、川崎市地球温暖化防止活動推進センター
  • 申込先:川崎市地球温暖化防止活動推進センター
        ホームページ http://www.cckawasaki.jp/kwccca/ から。
        メール    info@kwccca.com へ。
  • 参加費:無料  定員:40名(先着順)

※主催団体“グリーン連合”HP上に公開されているチラシも併せて御確認下さい。

案内チラシ⇒
http://greenrengo.jp/wp-content/uploads/2018/10/a5aba98200dc926eacd6600f240ccf5c.pdf